1. 檜 (ひのき) の薄板を網代 (あじろ) に編んでつくった垣根。

  1. 衣服の文様の一。1の編み目のようになったもの。

  1. 菱垣船 (ひがきぶね) 」の略。

謡曲。三番目物世阿弥作。肥後の僧のもとに毎日仏に供える水を運んでくる老女が、白拍子であった過去を語り、回向 (えこう) を頼んで消える。僧が弔うと、檜垣の庵 (いおり) から老女の霊が現れ、華やかだった往事と死後の苦しみとを語り、成仏を願って思い出の舞をまう。「三老女」の一。