• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

名古屋の名物料理。小型の櫃 (ひつ) に茶碗三杯程度の飯をいれ、刻んだウナギの蒲焼 (かばやき) をのせたもの。一杯目はそのまま、二杯目は刻みネギや海苔 (のり) などの薬味を加えて、三杯目は煎茶 (せんちゃ) やだし汁をかけて食べる。商標名。ひつまむし。

[補説]明治ころからあるという。「まぶし」は「まぶ(塗)す」の連用形からか。

[生活/料理]カテゴリの言葉