• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

機械部が火の見櫓のような四角い台の上に置かれ、台の中に下げられた重錘 (じゅうすい) を動力として動く置時計。最も初期の和時計。