• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

昔、婦人や子供が行った占いの一。黄楊 (つげ) の櫛を持って辻に立ち、「あふことを問ふや夕げのうらまさにつげの小櫛もしるし見せなむ」という古歌を三度唱え、境をくぎって米をまき、櫛の歯を三度鳴らしたのち、その境の内へ来た通行人の言葉で吉凶を占ったもの。