• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

清涼殿鬼の間の東南の隅から昼御座 (ひのおまし) の西南の隅の壁にかけて、柱を中にして設けた半月形の窓。天皇が殿上の間を見るためにつくったものという。くしがた。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉