• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

山梨県西部にある山。標高2052メートル。頂上にはアヤメの群生があり、アヤメ平と呼ばれる。東斜面の中腹に伊奈ヶ湖・県民の森がある。名の由来は、東方の甲府盆地から見ると山容が櫛の形をしていることから。

[地理/日本地名/中部]カテゴリの言葉