[動カ五(四)]
  1. かたい物の一部分を壊す。損ずる。「茶碗のふちを―・く」「氷を―・く」

  1. なくては困るもの、また必要とするものが備わっていない。あるべきものを持たない。「精彩を―・く表情」「きめ手を―・く」

  1. (「欠くことができない」「欠くべからざる」の形で)それなしでは済ますことができない。絶対なくてはならない。「水は人間に―・くことができない」「必要―・くべからざる条件」

  1. なすべきことを怠る。おろそかにする。「義理を―・く」「勇気を―・く行為」

[可能]かける
[動カ下二]か(欠)ける」の文語形。

出典:青空文庫

出典:gooニュース