• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

正岡子規の歌論書。明治31年(1898)発表。短歌革新を目指し、万葉集金槐集をたたえ、旧派の和歌を攻撃したもの。