• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

和歌の冊子・巻物などにある古人の名筆を、手鑑 (てかがみ) にはりつけたり掛け物に仕立てたりするのに適した大きさに切り取ったもの。古今集高野切 (こうやぎれ) 、小野道風の本阿弥切 (ほんあみぎれ) など。