• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 巫女 (みこ) や男巫 (おとこみこ) が神慮を和歌で告げること。また、その歌による吉凶判断。

    1. 「男巫 (みこ) の候が、小弓に短冊を付け―を引き候が」〈謡・歌占

  1. 百人一首の草子などを任意に開き、そこに出た歌で吉凶を占うこと。

[補説]曲名別項。→歌占

謡曲。四番目物観世十郎元雅作。歌占を業とする渡会家次 (わたらいいえつぐ) が、白山の麓で子の幸菊丸と再会し、神がかりとなって地獄の曲舞 (くせまい) を舞う。