左右に分けた歌人の詠んだ歌を左右1首ずつ出して組み合わせ、判者 (はんじゃ) が批評し、その優劣を競う遊戯。平安初期以来、貴族の間に流行。平安後期には歌人の実力を争う場となった。うたくらべ。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉