• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

近世俗曲の一。死刑・情死などの事件やその時々の風俗をつづった文句を、門付け芸人が三味線などの伴奏で歌って歩いた。山伏錫杖 (しゃくじょう) を振り鳴らし、ほら貝を吹いて、神仏の霊験を唱え歩いた祭文の芸能化したもの。上方に始まる。祭文節 (さいもんぶし) 。→祭文