• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

角膜水晶体が縦・横・斜めのいずれか一方向にゆがんでいるため、眼に入った光線が複数の場所で焦点を結ぶ乱視。→不正乱視