1. 余分なものを取り除いた、物の本当の中身。「―の少ない果物」

  1. 風袋を除いた、商品だけの目方。「―1キログラム」

  1. 実質的な数量。「昼休みを除いて、―8時間働いた」

  1. 掛け値のない値段。また、仕入れの値段。正味値段。「―で売る」

  1. 表面に現れない、隠された本当のところ。

    1. 「―を言わねば事実談にならぬから」〈福沢福翁自伝

出典:青空文庫