正宗の解説 - 小学館 大辞泉

  1. の鍛造になる刀。また、一般に名刀。転じて、よく切れるもののたとえに用いられる。

  1. 清酒の銘柄。天保年間(1830~1844)灘 (なだ) の酒造家山邑 (やまむら) 氏が名づけたもの。

出典:青空文庫

出典:gooニュース

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉

[美術・音楽/日本・東洋の美術作家]カテゴリの言葉

[生活/料理]カテゴリの言葉