正岡子規の解説 - 小学館 大辞泉

[1867~1902]俳人・歌人。愛媛の生まれ。本名、常規 (つねのり) 。別号、獺祭書屋 (だっさいしょおく) 主人・竹の里人。俳句革新に着手し、俳誌「ホトトギス」により活動。また、「歌よみに与ふる書」で和歌改革を主張。写生文も提唱した。門下に高浜虚子伊藤左千夫などを輩出。句集「寒山落木」、歌集「竹の里歌」、俳論「俳諧大要」など。→日本派根岸短歌会

[補説]忌日となる9月19日は、子規忌のほか獺祭忌 (だっさいき) 糸瓜忌 (へちまき) ともいう。

正岡子規の解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト
出生地
伊予国温泉郡藤原新町(現・愛媛県松山市花園町)
生年月日
1867年10月14日 てんびん座
没年月日
1902年9月19日(享年34歳)

出典:青空文庫

出典:gooニュース