• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

染め革の一。獅子 (しし) ・牡丹 (ぼたん) ・唐草などの文様を配した中に「正平六年六月一日」の文字を染め出した革。征西将軍懐良 (かねなが) 親王が、正平6年(1351)肥後国八代 (やつしろ) の革工に命じて染めさせたものといわれ、武具などに用いられた。八代革。御免革。正平御免革。