• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

正正堂堂の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

態度や手段が正しくて立派なさま。▽「正正」は軍旗が正しく整うさま。「堂堂」は陣構えの勢いが盛んなさま。「正正の旗、堂堂の陣」の略。
出典
『孫子そんし』軍争ぐんそう
句例
正々堂々たる態度、正々堂々と戦う
用例
しかし、出産の直後という立派な理由があるのだから、正々堂々と寝ていてもいいはずだった。<武田泰淳・森と湖のまつり>
類語
公明正大こうめいせいだい
活用形
〈―タル〉 〈―ト〉

正正堂堂の解説 - 学研 四字辞典熟語

恐れたり怯おびえることなく立ち向かうさま。また正しい態度で立派であること。悪びれたところがなく、やりかたも正しいこと。
注記
「正正」は、軍旗が正しくなっているさま。「堂堂」は、整然と並んでいるさま。「正正の旗はた、堂堂の陣じん」の略。
出典
『孫子そんし』軍争ぐんそう
用例
いや、盗むというのはいかん。もっと正々堂々とやらなくちゃいけない。〈宮沢賢治・饑餓陣営〉
類語
公明正大こうめいせいだい

正正堂堂の解説 - 小学館 大辞泉

[ト・タル][文][形動タリ]
  1. 軍隊などの陣構えが整い、勢いが盛んなさま。

    1. 「―と北京へ駐在する事にするよ」〈漱石虞美人草

  1. 態度や手段が正しくりっぱなさま。「正正堂堂と戦う」

キーワード[正しい言動]の四字熟語

キーワード[堂堂とした]の四字熟語