1. 正視すること。

    1. 「然る後ふと―を得てさて観ずれば」〈二葉亭浮雲

  1. (「青眼」「晴眼」「星眼」「清眼」とも書く)剣の構え方の一。剣の先を相手の目の位置に向けて中段に構えること。

出典:青空文庫