雇用者のうち、正規雇用で雇用期間の定めのない者。契約社員派遣社員パートタイム労働者、出向社員などに対していう。正規社員。→非正社員

[補説]従来は定年までの長期雇用(終身雇用)や年功序列型(定期昇給)賃金などを特色とする日本型企業経営の枠組みの中で、企業の基盤を支えるものとされた。しかし、バブル経済の崩壊や欧米型の成果主義の導入などで、1990年代後半からは減少傾向に転じた。転職者や非正規社員の増加、残業などの超過勤務が原因とされる過労死問題、早期退職や出向など長期雇用に相反する雇用調整の導入など、雇用の多様化や正社員雇用のリスクが一因とされている。

出典:gooニュース