律令制で、正倉に貯蔵された官稲。毎年出挙 (すいこ) し、利稲を国・郡行政の財源に充てた。大税。おおちから。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉