• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 正しい風体。特に歌学で、伝統的な作風による品格の高い歌体。しょうふうたい。

  1. 近世の俳諧で、正しい俳風・風体。主として蕉風についていう。しょうふうたい。