• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

江戸後期の有職故実書。381冊。塙保己一 (はなわほきいち) 編。保己一の死後、中山信名・松岡辰方が継承、和学講談所により万延元年(1860)ごろ完成。武家の有職故実に関する名目を職掌・制度・衣服など16の部門に分類。各項ごとに引例・考証を加えたもの。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉