• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

武家が政治的権力を掌握していた時期の法体系。はじめ武士間の慣習法として成立、鎌倉幕府御成敗式目成文法として確立。戦国大名分国法を制定してそれぞれの領国を支配、江戸幕府禁中並公家諸法度武家諸法度などを制定して封建制度維持の基とした。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉