• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

トゲウオ科の淡水魚。全長約5センチ、体色は灰黄色で背びれにとげをもつ。温度の低い澄んだ水を好み、春から夏にかけて水草で球状の巣を作る。

[補説]かつては東京・埼玉・茨城などでみられたが、水質の変化などにより生息数が激減し、現在は埼玉県熊谷市の元荒川上流域でのみ確認されている。