歳差運動のため、天の北極黄道の極のまわりを約2万5800年で1周し、春分点黄道上を毎年約50秒ずつ西方へ移動する現象。