• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

歳月不待の解説 - 学研 四字熟語辞典

時間は、あっという間に過ぎ去ってしまい、人の都合などかかわりないものだということ。年月は、無情に過ぎて行き、待ってはくれないという意味。
注記
一般に「歳月さいげつ、人を待たず」と用いる。出典の「盛年せいねんかさねて来たらず、一日いちじつふたたび晨あしたなり難がたし、時に及んで当まさに勉励べんれいすべし」に続く句。
出典
陶潜とうせん「雑詩ざっし
やりがちな表現を変えたい!言い換え、類語がアプリでわかる idraft by goo

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。