• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 歴史的事実を題材にした小説的作品。

  1. 平安中期以後、歴史的事実に取材し、仮名文で物語ふうに書かれた歴史書の総称。「栄花物語」「大鏡」「今鏡」「水鏡」「増鏡」など。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉