• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

前世の悪業の報いとして死ぬこと。また、死にも値する罪業。

「され共此の人―や来ざりけん」〈太平記・三二〉

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉