• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

生きていれば、よい目を見ることもあるので、死んだ者がいちばん損であるということ。