• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「大戴礼」曽子制言上から》死ぬことを、家に帰ることと同じように思う。死に臨んで、恐れないようすをいう。