• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「しず(賤)のたおさ(田長)」の音変化とも、死出の山から飛び来るところからともいう》ホトトギスの別名。しでたおさ。

「名のみ立つ―は今朝ぞなく庵あまたとうとまれぬれば」〈伊勢・四三〉

[生物/動物名]カテゴリの言葉