• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

死灰復燃の解説 - 学研 四字熟語辞典

一度、消滅したり衰退したものが、再び勢力を盛り返すこと。決着がついて収束したはずのことが、また問題となること。一度火が消えてしまった灰から、再び燃え上がることから。
注記
「死灰」は、火が消えて冷たくなった灰。「燃」は、燃える。「死灰しかい、復またゆ」と読み下す。
表記
「燃」は、「然」とも書く。
出典
『史記しき』韓長孺かんちょうじゅ
「肝が据わる」と「肝が座る」正しいのはどっち? idraft by goo

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。