1. 最も重い刑罰として、罪を犯した者の生命を絶つこと。

  1. 手紙や上表文の末尾に添える語。非礼の罪をわびる気持ちを表す。「死罪死罪」「頓首死罪」などの形で用いる。

  1. 江戸時代の刑罰の一。斬首 (ざんしゅ) の刑に処して、死体は試し斬 (ぎ) りの用に供され、財産も没収された。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉

出典:青空文庫