• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

[副]

  1. 困り果てた、また、うんざりした気持ちを表す語。まったく。つくづく。「弟には―手を焼いている」

  1. ほとんど。

    1. 「或いは稗史体と―相類似するものあり」〈逍遥小説神髄

  1. すんでのことで。あやうく。

    1. 「帰り来 (け) る人来たれりと言ひしかば―死にき君かと思ひて」〈・三七七二〉