明け方に、うとうとと見ている夢。目が覚めてもなお夢心地でいること。

出典:青空文庫