• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 心をあとに残すこと。心残り。未練。

  1. 武芸で、一つの動作を終えたあとでも緊張を持続する心構えをいう語。剣道で、打ち込んだあと相手の反撃に備える心の構え。弓道で、矢を射たあとの反応を見きわめる心の構え。