• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

残忍酷薄の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

他者に対する思いやりがなく、むごたらしいさま。人の性質にいう。▽「残忍」はむごいことを平気でするさま。「酷薄」はむごくて思いやりのないさま。「酷」は「刻」とも書く。
句例
残忍酷薄な人間
用例
その行える残忍酷薄の人の道に欠けたるを知らざるにあらぬ貫一は、職業の性質既に不法なれば<尾崎紅葉・金色夜叉>
類語
悪逆無道あくぎゃくむどう 残虐非道ざんぎゃくひどう 残酷非道ざんこくひどう 残忍非道ざんにんひどう
活用形
〈―ナ〉

残忍酷薄の解説 - 学研 四字辞典熟語

他人への思いやりがかけらもなく、むごい性質であること。薄情で、冷酷なようす。
注記
「残忍」は、平気でむごたらしいことをすること。「酷薄」は、情けがなく、残酷なこと。
表記
「酷薄」は、「刻薄」とも書く。
用例
彼は意地悪でもなく、といって、残忍酷薄な男でもなかった。ただ非常にかわった道楽をもっていたというだけのことだ。〈モーリス・ルヴェル/田中早苗訳・或る精神異常者〉

[人物像を表す/性格/むごい・きびしい]カテゴリの四字熟語

キーワード[残酷]の四字熟語