• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

思い残すこと。また、その思い。

「国家の末を思いいたれば、―山のごとく此胸やぶるるばかり」〈一葉・うもれ木〉