明け方まで空に残っている月。有明の月。のこんの月。
地歌・箏曲 (そうきょく) 。手事物 (てごともの) 。天明・寛政(1781~1801)のころに大坂の峰崎勾当 (みねざきこうとう) が作曲。門人の娘の死を悼んで作ったもので、特に手事の部分は力作。

[美術・音楽/音楽作品]カテゴリの言葉

出典:青空文庫