葛石 (かずらいし) を積んで一段高くつくった道。特に、鎌倉鶴岡八幡宮の参道をいう。