• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「きた」とも》

[名]
  1. 布などの長さを計る単位。反 (たん) 。

    1. 「庸布 (ちからぬの) 四百 (よほ) ―」〈天武紀〉

  1. 田畑の面積の単位。段 (たん) 。

    1. 「およそ田は、長さ三十歩、広さ十二歩を―とせよ」〈孝徳紀〉

[接尾]助数詞。物の断片、切れ目を数えるのに用いる。
    1. 「十拳剣 (とつかのつるぎ) を乞ひ度 (わた) して、三―に打ち折りて」〈・上〉