• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「詩経」大雅・蕩から》が鑑 (かがみ) とすべき手本は、遠い時代に求めなくても、同じく悪政で滅んだ前代の夏 (か) にある。戒めとすべき例はごく身近なところにあるものだというたとえ。