• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

毀誉褒貶の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

ほめたりけなしたりすること。そしりとほまれ。また、ほめたりけなしたりする世評世間評判。▽「毀」「貶」はともに、そしること、けなすこと。「誉」「褒」はともに、ほめること。
句例
毀誉褒貶相半ばする
用例
口先や筆先では毀誉褒貶に超然としているらしく見せかけていても、文壇人は俳優や音楽家と同様、人気を気にするのが普通である。<正宗白鳥・旧友追憶>
活用形
〈―スル〉

毀誉褒貶の解説 - 学研 四字熟語辞典

ほめたりけなしたりする世間評判のこと。また世間評判が様々であることのたとえ。
注記
「毀」は、そしる。「貶」は、けなす。「誉」も「褒」も、ほめる。

毀誉褒貶の解説 - 小学館 デジタル大辞泉

ほめることと、けなすこと。さまざまな評判。「—を顧みない」

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。

検索ランキング

2023年7月