けなすこととほめること。悪口と称賛。

「世上の―は、如何なりとも」〈竜渓経国美談

出典:青空文庫