• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

城山三郎の小説。昭和50年(1975)「読売新聞」に連載。単行本は昭和51年(1976)刊行。50代で窓際族となった商社マンの日常と悲哀を描き、ベストセラーとなる。

[文学/戦後の作品]カテゴリの言葉