• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. ある量を、定められた比に分けること。按分 (あんぶん) 比例。

  1. 株式取引で、板寄せざら場で売買が成立せず、値幅制限の上限(ストップ高)または下限(ストップ安)で取引が終わって、売買注文数が極端に合わないときに取引所の取る処置の一。例えば、買い注文が極端に多く売り注文が少ないときに、売り注文数の分だけの売買を成立させ、各証券会社の注文数に比例して配分する。