• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

微細粒子が浮遊する懸濁液などの濁りの度合い(濁度)から、その濃度や物質量を測定する化学分析法の一つ。そのための測定装置を比濁計という。微細粒子として細菌などの菌体量の測定にも用いられる。比濁法。

[物理・化学/物理・化学の言葉]カテゴリの言葉