• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 茶の湯釜で、胴と底との境目にある細い1本の筋目。

  1. 魚のうろこを落とさないで、そのまま胴切りにすること。特に、鯉 (こい) にいう。

    1. 「鯉の―のかばやきの」〈浮・乙女織〉

[生活/料理]カテゴリの言葉