• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 毛抜きの先のように、二つのものをぴったりと合わせること。

  1. 裁縫で、2枚の布を縫い合わせ、両方の布に縫い目から同分量のきせをかけて仕立てること。また、そのもの。

  1. 多色印刷で違った色を刷り合わせるとき、ある色と他の色とをぴったりと隣接させること。また、その技術。